フラッシュモブジャパン柴田の自己紹介


こんにちはフラッシュモブジャパンの柴田です

グレイテストショーマン

こんにちは。フラッシュモブジャパンの柴田です。
気が付けば自分の自己紹介をしていなかったため、今回は自己紹介させていただきます。

経歴

1977年4月24日生まれ

現在42歳。
出身地は石川県金沢市です。日本酒(菊姫、天狗舞など)が有名です。
海鮮とお米が美味しいのでお寿司がおいしいですよ。

地元の工業高校デザイン科卒業

子供のころ絵を描くことが好きだったのでデザイン科の高校に進学しました。
当時はデザイナーになることが夢でした。
部活は美術部でした、授業だけでは物足りなかったようです。
そしてエレキギターの模型を作っていたのを覚えています。
バンドも組んでいました。洋楽のヘヴィメタでメタリカ、パンテラのコピーをしていました。
あとミュージカルサークルもしていました。
今桃えばミュージカルサークルしていたのがフラッシュモブ事業のきっかけになっていたかもしれません。

地元の機器メーカーに就職

制作課といって自社商品のパッケージや取説のグラフィックデザインをする部署に所属しました。
夢のデザイナーが叶ったわけですが、それから1年半で東京営業所に転勤になりました。
その直前に地元のダンススクールに通い始めました。
多分「ビートたけしの元気が出るテレビ」の「ダンス甲子園」をふと思い出したことがきっかけだったように思えます。

職を転々とする

東京に転勤となり、その会社は8編ほど勤めました。
その後は新規開拓の営業を1年ごとに点々としましたが、ダンスはずっと続けていました。
当日は「三度の飯よりダンスが好き」で東京にあるいろんなダンススクールに通い、いろんなプロダンサーに出会いました。
ロサンゼルスに1週間ダンス留学したこともあります。

33歳で独立

最後の会社を辞めてから半年くらいは日雇いで建設現場の掃除のアルバイトをしていました。
それではダメだと思い面接を受けに行き、その時面接をしてくれた社長から「雇っても良いけど、自分でやってみらた?」
と言われ、また周りのいろんな人から独立を進められたこともあり「ホームページ制作会社」として起業しました(2010年)。

2012年にフラッシュモブ代行事業を始める

ある日テレビを見ていたらアメリカのフラッシュモブプロポーズの動画をやっていました。
これが運命の動画です。

で、すぐにグーグルでフラッシュモブ代行会社がないか確認したところ、まだ誰もやっていなかったので「これだ!」と思い日本で最初のフラッシュモブ代行事業を始めました。

趣味

映画

フラッシュモブジャパン柴田

映画館では月に3本か4本見てます。
2019年一番面白かったのは「存在のない子供たち」です。
めちゃくちゃ面白い映画というのは、こういったマイナーな映画が多いように思えます。

今年の映画ではないですが、この映画も大好きです。

音楽(ライブ)

ブルーノ・マーズ、チャーリー・プース、クラフトワーク、ボカピープル行きました。
邦楽では玉置浩二、RIRI、the peggiesなど。

ライブに行ってみたいシンガーはペンタトニックス、アリアナグランデ、酸欠少女さユり、eill。

 


fmj_tel

fmj_mail fmj_line