フラッシュモブで使える映画の曲


映画音楽は知名度が高いから使える!

フラッシュモブ

こんにちは。2012年に日本で最初にフラッシュモブ代行会社を設立したフラッシュモブジャパンの柴田です。
今回はフラッシュモブ結婚式で使える映画の曲をまとめました。
映画好きな新郎新婦には最適です。
「アナと雪の女王」など旬が過ぎると使いにくい音楽は今回は対象外にしました。」
当社ではご依頼者のお気持ち、お考え、ゲストの方々の層から最適な曲、音楽をご提案差し上げています。
曲のご提案は無料で安心です。

QUEEN

Queen – Don’t Stop Me Now

ボヘミアン・ラプソディの映画のエンドロールで流れたこの曲は、フレディ・マーキュリーがピアノの伴奏とともにしっとりと歌い上げたあと、一気に加速してクイーン全開の曲調に変わる、まさに興奮すること間違いなしの一曲です。映画の世界を存分に堪能したあとに流れるからこそ、思い入れのある一曲!なんて方も多いのではないでしょうか。映画の世界観を思い出すときにこそおすすめの一曲です。

Queen – We Will Rock You

思わず手拍子したくなるクイーンの代表曲といえばこれ!クイーンと観客が一体になり魂を震わせる名曲になり、映画のなかではどうしてこの曲が誕生したのかについて語るシーンもありましたね。映画のなかではスタジオ音源とライブ音源がミックスされた特別なものを使用していることでも話題になりました。クイーンの映画はもちろんですが、アニメや2001年のアメリカ映画の「ロックユー」でも使われるなど、さまざまな作品で登場しているので、思い入れのある人も多いのでは。

Queen – Another One Bites the Dust

ドラムの音楽から始まり、次第に盛り上がっていく曲になり当時のディスコバンドに影響を受けて作った一曲なんだとか。映画のなかではメンバーの賛否両論の意見がありつつも発表されるなど、クイーンがどうしてこの曲を発表したのかが描かれていました。映画を見た人にとってはそのシーンを思い出すなんて方も多いのではないでしょうか。

The Greatest Show

グレイテスト・ショーマンといえばミュージカル映画なのもあり、音楽を聴くと名シーンを思い出す人もいると思います。レ・ミゼラブルでもその歌声に定評のあるヒュー・ジャックマン主演の映画になり、観るだけでハッピーな気持ちになれます。19世紀アメリカの実在の興行師P・T・バーナムをテーマにした映画になり、そのなかでも代表的な曲として人気があります。実際にこのグレイテスト・ショーマンを使ったフラッシュモブも人気があり、リクエストの多い一曲です。

▶ グレイテストショーマンでフラッシュモブ

Come Alive

映画のダンスシーンで使われていた曲になり、思わず手を取り合って踊りだしたくなります。印象に残っている人も多いのではないでしょうか。街を歩いていた人たちが一眼となって歌いダンスを始めるシーンでは「自由への道を探し始めている人たち」ともあるように、差別されることなくみんなが輝ける世界をイメージしています。映画のなかでも最も感動するシーンともいえるので、フラッシュモブでも盛り上がること間違いなしですよ。

Another Day of Sun – La La Land

ラ・ラ・ランドのオープニングで流れていたこの曲の虜になった人もいるのではないでしょうか。正直英語の和訳がわからない人であってもこの曲を聴くだけで映画に引き込まれてしまいますね。この曲だけで映画の世界観やテーマをすべて描ききっているといっても過言ではないぐらい完成度の高い曲です。ラ・ラ・ランドの映画を観た人であれば、この魅力に引き込まれること間違いなしです。

Everybody Needs A Best Friend — Norah Jones

ノラ・ジョーンズが歌う、映画テッドの主題歌です。テッドといえば見た目はかわいらしいテディベアなのに口を開けば全く違う中年、ちょっとシモネタ好きなギャップがたまりません。テッドファンの女性も多いのではないでしょうか。主人公のジョンとの友情を歌った曲になり、Thumder buddies for life!!(雷兄弟は永遠に)ともあるように、本気で喧嘩をしながらもお互いを思いやる優しい気持ちが伝わってきます。テッドの固い友情に涙する人もいるのではないでしょうか。そんな映画を思い出す一曲です。

My Sharona – Reality Bites

ザ・ナックのデビューシングルでもある「マイ・シャローナ」を使った映画といえばさまざまなものがありますが、1994年に公開された「リアリティ・バイツ」も外せません。1990年代の若者たちを描いたものになり、ジュネレーションX世代を描いています。世代的には少し古い作品になりますが、懐メロとしてフラッシュモブに使われることも多い曲です。懐かしの映画が思い出なんて両親に贈るフラッシュモブにもいいかもしれません。

THE GOONIES – THE GOONIES ‘R’ GOOD ENOUGH

1958年のアメリカの冒険映画として、子どもの頃観た記憶がある人もいると思います。製作から30年以上の年月が経っても今でも人気が色褪せることなく思い出の映画としてあげる人も多いのではないでしょうか。伝説の海賊が隠した財宝を探す少年たちの冒険を描いたもので、この曲を聴くとドキドキする迫力満点のシーンを思い出す人もいると思います。次にどんなシーンが出てくるんだろう?本当に財宝は見つかるの?そんなシーンを思い出し、もう一度映画が観たくなるのではないでしょうか。

 

まとめ

映画のワンシーンを描いたフラッシュモブは、一緒に観た映画だったり両親の思い出の映画など記憶の片隅に残っているシーンを再現しています。音楽を聴くと懐かしい気持ちになり当時を思い出すなんて人もいるのではないでしょうか。映画のフラッシュモブは他にもたくさんありますので、気になる作品などがあればお気軽にお問い合わせくださいね。
 

フラッシュモブの実務を8年やって分かったこと

2012年に灯本で最初にフラッシュモブ代行事業を始め、結婚式とプロポーズでいろいろなことが分かりました。
その内容をまとめました。失敗しないノウハウが盛りだくさんです。

▶ どこよりも詳しいフラッシュモブ

 

関連ページ

▶ オススメ曲総集編はコチラ
▶ フラッシュモブ結婚式サービスはコチラ
▶ 費用はコチラ

 


fmj_tel

fmj_mail fmj_line