【2023年最新】フラッシュモブ会社の相場と3社の値段比較


プロに依頼すると高い?費用の内訳とは

フラッシュモブをするのは結婚式余興やプロポーズなど一生に1回の買い物。だからこそフラッシュモブ代行会社の費用、値段について調べる機会が少なく、情報が少ないです。そこで今回はフラッシュモブの相場や内訳についてご説明いたします。
記事更新日:2023年1月9日

2023年最新のフラッシュモブ費用の相場

2023年1月現在フラッシュモブの費用はダンサー3名で20万円くらい、5名で25万円、10名で35万円くらいが相場です。
ただし、費用を公表していないフラッシュモブ代行会社が多くありますし
業者によって値段高い業者、安い会社もあります。
また実施場所や演出内容により相場は変わる場合があります。

▶ フラッシュモブジャパンの費用

フラッシュモブ代行会社の値段は高い?

フラッシュモブ費用

例えば、映画を見る場合は2時間で2,000円くらいでしょうか。それがフラッシュモブなら数分間で最低160,000円くらいです。
こう比べると高いです。
しかしこう考えるといかがでしょうか?
映画の場合は客席がいくつもあり、いくつもの映画館で、何日も放映しています。コストに対するお客様の分配率が低いですが、フラッシュモブの場合は新郎さんや新婦さんがお一人でご負担され、ご依頼いただいたお客様のために実施します。(場合によって費用はダンスにご参加されるご友人もご負担される場合があります)
そう考えれば料金はご納得いただけるのではないでしょうか?

格安結婚式フラッシュモブ

フラッシュモブダンスも事情があります。
結婚式余興でのパフォーマンスが数分でも、ダンサーがそのパフォーマンスができるようになるまでの時間とコストです。
パフォーマンスは一瞬ですが、技術を習得するには多くの時間とお金を費やします。お客様への振付レッスンするためにスタジオを借りなければいけません。
また、従来ダンス、歌、楽器演奏などのパフォーマンスは多くの方々から少しずつお金をいただくビジネスです。
例えばライブです。しかし、フラッシュモブはご依頼者様からのみお金をいただきます。
フラッシュモブ費用にはこのような事情があります。

フラッシュモブ会社の料金比較

フラッシュモブ費用

フラッシュモブ料金の闇は費用を予め公開していないフラッシュモブ会社がいることです。
※2023年1月9日PCサイトにて当社調べ

フラッシュモブジャパンの費用

フラッシュモブジャパン

フラッシュモブジャパンの料金は結婚式余興の場合、」ダンサー3名と2時間1回レッスンがセットで170,000円(税込み)から。

▶ フラッシュモブプロポーズサービスはコチラ

エモーションライズの費用

エモーションライズ

エモーションライズは費用を公開していません。

▶ エモーションライズ公式サイト

アットサプライズジャパンの費用

アットサプライズジャパン

アットサプライズジャパンは費用を公開していません。

▶ アットサプライズジャパン公式サイト

費用を公表しないフラッシュモブ代行会社に依頼するリスク

・「値引きをする」と言われても本当に値引きされているのか分からない(信憑性に欠ける可能性)
・同じ条件でも人によって料金が違う可能性(公平性に欠ける可能性)

また、業者によっては最初に見積した費用から実施するときには大きく料金が高くなるといった事例があるとお客様よりご相談いただいています。

▶ フラッシュモブジャパンの費用

フラッシュモブ費用の内訳

フラッシュモブ練習

フラッシュモブ費用の内訳をご説明いたします。
【振り付け作成費用】お客様がご希望される曲に振り付けを作成いたします。
【ダンサーが振り付けを覚える値段】作成した振り付けをダンサーが覚えます。だいたいの場合、事前にダンススタジオに集まって覚えます。
【お客様へのレッスン費用】お客様にダンススタジオにお越ししただきフラッシュモブダンスのレッスンをします。
【スタジオ使用料】ダンサーがひりつけを覚える時とお客様レッスンの時に使用するダンススタジオの費用です。
【衣装、小道具料金】ダンサーの衣装、使用する小道具の料金です。
【リハーサル費用】事前に実施場所で行うリハーサルの費用です。
【出演費用】ダンサーが本番で出演する費用です。

※プロポーズや誕生日、企業イベントなどでは別途実施場所代がかかることがあります。

必見!フラッシュモブ費用が安くなるかもしれない交渉術

ただ単に「安くてほしい」とフラッシュモブ会社に言ってもほとんどの場合に安くならないと思います。
なぜならフラッシュモブ会社の立場で「安くする理由がない」からです。
またこれは「交渉」ではなく「お願い」になると思います。
そこでフラッシュモブ代行会社の立場でこんなふうに値段を安くしてほしいと言われたら(交渉されたら)値引きしちゃうかも。という裏技を教えます。

長期間先の予約(依頼)をする

フラッシュモブ会社の立場ではダンサーをそろえる時間の余裕があり、先の売り上げの目途が立つことはメリットがあります。
どれくらい先が「長期間」かは断言できませんが4か月以上先が目安だと思います。

ダンサーの人数を多くする

この方法は例えば本来8名依頼したいところをフラッシュモブ業者には「ダンサーは5名で」と相談しながら「ダンサーを3名追加したらダンサー追加料金は安くなりますか?」と交渉します。
最初から「ダンサー8名で」と依頼するより安くなるかもしれません。

フラッシュモブ業者に値段を聞く時の注意点

お台場デックス

最初に業者から教えてもらった料金から追加費用になる可能性がいくつかあります。
依頼をする前にそのポイントを抑えることで失敗しないフラッシュモブを依頼しましょう。

パフォーマーの衣装用意

業者によっては衣装代が別途かかる場合があります。

▶ フラッシュモブダンサーの衣装

ダンサー人数の追加

当初依頼した人数からダンサーなどパフォーマー人数を増やす場合に追加費用が発生します。

パフォーマーの拘束時間

業者によってはパフォーマーを長時間拘束する場合には別途費用がかかる場合があります。

レッスン回数の追加

当初の回数では覚えられない場合など振り付けレッスンを追加される場合には値段が追加される可能性があります。

交通費

実施場所までの交通費により値段が変わってきます。
事前に確認しましょう。

消費税込みか、消費税別か

その費用が税込みか、消費税抜きか確認しましょう。
税率10%のため結構な値段になります。

使用する曲数

個人のお客様からのご依頼では要望は少ないですがフラッシュモブで使用する曲が2曲、3曲のご依頼をいただくことがあります。
この場合は曲数分の振り付けを作成して、その振り付けをダンサーがおぼえなければいけませんので費用は変わります。
複数の曲をつなげたとしても1曲としての扱いにはなりません。

実施回数

こちらも個人のお客様はあまり関係ありませんが、同じフラッシュモブを時間や場所を変えて複数回実施する場合には値段が変わってきます。

フラッシュモブ代行会社の料金まとめ

各社サイトだけでは不明確な点が多く、まずはメールや電話でヒヤリングされることをお勧めいたします。
一生に一度のフラッシュモブで失敗しないよう慎重に業者選びをしましょう。

関連ページ

▶ フラッシュモブジャパンの費用


fmj_tel

fmj_mail fmj_line