自分でできるフラッシュモブ方法【結婚式余興編】


自分と友人でフラッシュモブをする方法

結婚式サプライズ

こんにちはフラッシュモブジャパンの柴田です。今回はナント!当社のようなフラッシュモブ会社に依頼することなく結婚式余興で自分(新郎新婦)と友人でフラッシュモブができる方法を伝授いたします。
「お金をかけられないけどフラッシュモブをやりたい!」という方必見です。

自分たちでやるメリットとデメリット

結婚式フラッシュモブ

そもそも自分たちでフラッシュモブができるのならば当社の存在意義がないのですが、おかげさまで5年フラッシュモブ代行事業をしております。ですから自分たちだけでフラッシュモブをするとメリットだけでなくデメリットもあります。
そこを予め知ることで失敗を避けることが賢いと思います。

メリット

・なんといってもお金がかからないことです。
・あとはプロに気を使わなくて良い。

デメリット

・結婚式場のスタッフ役がいない。結婚式に招待していない友人にお願いすれば実現できるかもしれませんが衣装を用意しなければいけません。
・プロのアドバイス無しに選曲しなければいけなし。
・振付を作成しなければいけなし。ただ曲によってはYOuTUbeに振付が上がっています(当社としては迷惑なことですが)。
・自分たちでダンススタジオを借りて振付を覚える。
・振付を覚えられてもプロのようにうまく踊れず、グダグダになる可能性がある。
・自分たちで演出を考える。

それでは自分たちでできる方法を説明します

曲を選ぶ

無数にある曲の中から1曲選ぶ。大変です。
そんな方に本サイトでおすすめの曲(邦楽・洋楽)を目的、ジャンル別にご紹介しています。

▶ フラッシュモブの曲

振付を考える

ダンス歴のない素人さんが振付を考えるのは至難の業です。
YouTubeに上がっていればラッキーですが、無い場合は友人伝手でダンサーを探しましょう。

友人を誘う

フラッシュモブ相場

まず自分たちでフラッシュモブ結婚式をする場合に、友人を何人誘えばよいのか?
友人の人数は多い方が良いように思えます。
例えばゲスト50名様程度で最低7名くらいはいた方が良いと思います。

▶ 無料でできるスケジュール調整方法

ダンススタジオを借りて振付を覚える

フラッシュモブ練習

ヤフーやグーグルなどで検索キーラード「レンタルダンススタジオ 〇〇(希望の地域名)」で検索するといろんなスタジオが表示されますので予約しましょう。

まとめ

最初にメリットとデメリットをご説明しましたが、デメリットはかなりあります。
それでもお金がないという方は自分でフラッシュモブをされてはいかがでしょうか?
また、自分でsるもプロにお願いをするも一度当社に見積もり依頼をいただければと思います。
もちろんお見積り、御相談は無料で安心です。

▶ フラッシュモブ結婚式依頼のポイント
▶ フラッシュモブ結婚式の始まり方特集

▶ フラッシュモブ結婚式サービスはコチラ
▶ 費用はコチラ


fmj_tel

fmj_mail fmj_line