最大10万円!大分県の新型コロナ対応ウエディング支援金について


大分県の支援金はフラッシュモブ費用は対象?

大分県でフラッシュモブ

こんにちは。フラッシュモブジャパンの柴田です。
大分県が令和3年1月1日から令和3年12月31日までの間に結婚式等を実施した方を対象に
最大10万円の支援金を出されいます。
そこでこの新型コロナ対応ウエディング支援金の内容と
結婚式余興のフラッシュモブ費用が対象になるか説明いたします。

新型コロナウィルスによる結婚式業界への影響

新型コロナウィルスの影響で結婚式業界にどのような変化や影響があったか説明いたします。

結婚式の中止や延期が多数発生

日本ブライダル文化振興協会の発表では「2020年、新型コロナウイルスの感染拡大で
延期や中止を余儀なくされた結婚式はおよそ24万組に上り、
1年間に式を挙げるカップルのおよそ80%に影響があったとみられることが分かりました」

さらに
「業界の経済損失はおよそ8500億円に上るとみられ、これは年間の推計市場規模の60%に当たるということです。」
とあります。

当社も大きな影響を受けています。

少子化の加速

2020年の出生数(日本人)は、当社推計に基づく予測では、前年比▲1.9%の84.7万人となる見通し。1974年以来続く出生数減少の流れは食い止められてはいないものの、2019年にみられた大幅減少には一旦歯止め。

しかし、コロナ禍の影響を受け、5~7月の妊娠届出数は前年比大幅減で推移。仮に8月以降も妊娠届出数が5~7月並みの水準で推移すれば、2020年の妊娠届出数は前年比▲4.4%となり、2021年の出生数は前年比▲7.5%の78.4万人まで落ち込む見込み。

引用元:日本総研公式サイトより

大分県の新型コロナ対応ウエディング支援金とは?

大分県の公式サイトの内容をもとにまとめました。

支給対象者について

□申請時点で、大分県内に住民票を有している方(カップルのうちどちらかが該当していれば可)

□令和3年1月1日から令和3年12月31日までの間に結婚式等を実施した方(事実婚を含む)

□感染防止対策を講じた上で、大分県内で結婚式等を実施した方

□結婚式等を実施した日から、1年以上大分県内に居住する予定の方

□配偶者等を含め、過去に本支援金の給付を受けていない方

□配偶者等を含め、暴力団員ではなく、暴力団または暴力団員と密接な関係を有しない方

大分県公式サイト

大分県が実施されていますので、当然大分県にお住まいの方が対象のようです。

余興で実施するフラッシュモブの費用は対象?

結論、フラッシュモブの費用は支給対象外のようです。
理由は以下にある「余興にかかる謝礼」に該当するからです。

支給対象者について

挙式料、会場使用料、貸衣装、ヘアメイク・着付け、写真・映像、司会、音響、プロジェクタ使用料、装花等その他の結婚式等の実施に直接必要な経費。

支給対象とならない経費

飲食代、引き出物、招待状・席次等の印刷物など出席者の人数に応じて変動する経費や、二次会経費、バス・タクシー等の移動費、旅行・宿泊費、結婚指輪代、衣装購入費、親族の貸衣装代、余興にかかる謝礼等直接必要とはいえない経費。

支給金額

支給対象経費の1/2(ただし、千円未満切り捨て、最大10万円

まとめ

まず、この支援金は素晴らしい制度だと思います。
ぜひ国として全国展開してほしいものです。
今回の大分県の新型コロナ対応ウエディング支援金では
フラッシュモブの費用は対象になりませんが
浮いた予算10万円をフラッシュモブに充てられてはいかがでしょうか?
当社では万全の新型コロナウィルス対策で結婚式を盛り上げます。

 

関連ページ

▶ 結婚式フラッシュモブサービス

 




fmj_tel

fmj_mail fmj_line