フラッシュモブプロポーズが嫌われる理由


フラッシュモブプロポーズが嫌われる7つの理由

フラッシュモブプロポーズ

こんにちは。フラッシュモブジャパンの柴田です。
当社にはいくつものフラッシュモブプロポーズの御相談をいただき、実施させていただいたり実施に至らない場合があります。
実施に至らない場合はいくつかの理由がありますが、そんな中でお客様のご要望に添えずお客様の方から断れるケースがあります。
ご要望を添えない理由はそのとおりにやるとフラッシュモブプロポーズが失敗する可能性があるからです。
そこで失敗する可能性(女性から嫌われる原因)をご紹介いたします。
また、実施させていただいた場合には今のところ100%成功しています(プロポーズを断れることは今のところないです)。

片思いのお相手に仕掛ける

「片思いの女性にフラッシュモブをしかけて両想いになりたい」。中にはそう考える男性もいらっしゃいます。
しかしこのような夢のようなことはお相手が「フラッシュモブを仕掛けてくれるなら」という情勢でない限り叶わないでしょう。
フラッシュモブは両想いの時にだけ効果を発揮します。
また、フラッシュモブはかたちのないプレゼントです。かたちのあるプレゼントであれば転売すれば手元から無くなりますが、かたちのないフラッシュモブは相手の心を傷つける場合があります。

とにかくフラッシュモプが嫌い

フラッシュモブ嫌い

「フラッシュモブは女性みんな好き」ということはありません。中にはフラッシュモブが嫌いな女性もいます。
両想いのお相手であっても、どのような内容のフラッシュモブが嫌なのです。
男性が女性にフラッシュモブを仕掛ける場合はだいたいが、良かれと思って仕掛けますがそのことが仇になってしまう訳です。

自分がフラッシュモブをしたいだけ

「YouTubeのフラッシュモブ動画を観てそのプロポーズは成功しているから、感動したから仕掛けたい」このような動機の方は多いはず。
決して悪いことではありませんが、動機がこれだけでは自分のことしか見えていない状況です。
相手に喜んでもらいたいはずのフラッシュモブが、自分が喜ぶだけのフラッシュモブになってしまいます。

とにかく安く済ませたい

フラッシュモブ費用

フラッシュモブは日常生活に必要不可欠なサービスではありません。フラッシュモブでなくてもプロポーズはできますし結婚もできます。
また、基本的に高額なサービスです。勇気と時間も必要です。いろんな意味で覚悟が必要になります。

▶ フラッシュモブ費用はどうして高額?
▶ フラッシュモブ費用について

自分は一切加わりたくない

フラッシュモブプロポーズの醍醐味はお客様が加わることです。お客様がダンスに加わるというのは「お金だけでない価値を彼女さんへプレゼントすること」です。やったことの無い苦手なダンスするからサプライズになります。ですから何らかのご事情でダンスに加われないとしても最後の決めポーズだけ加わることをオススメしています。

プロの力を借りず友人だけでやる

フラッシュモブプロポーズ

曲選び、場所選び、ダンスの振付はとても大切ですし、本番でグダグダにならないようにするにはプロの力を借りましょう。

当社のアドバイスを聞いてもらえない

たまにご要望をいただくのは「自分が歌を歌いたい」です。当社では「歌は慎重に考えたほうが良いですよ」とアドバイスを差し上げています。フラッシュモブのほとんどがダンスをするのは理由があります。ダンスは素人目に上手いと下手の差がないように思える場合が多いからです。しかし、歌は違います。

まとめ

フラッシュモブプロポーズをするときは客観的に彼女さんが喜んでもらえることかどうかを考えてからプロに依頼しましょう。

関連ページ

▶ フラッシュモブ失敗・離婚の原因


fmj_tel

fmj_mail fmj_line